Sponsored Link

主婦が在宅で仕事をする際に知っておくべき事

主婦が在宅で仕事

「自宅にいながら仕事をしたい!」

 

そう考えられている主婦の方は多いです。

 

でも「自分にできるかどうか不安」であったり、

「在宅ワークは詐欺が多い」という噂を聞かれたこともあるかもしれません。

 

確かに在宅ワークの中には、専門技術が必要な物や、

最初に高額なお金を請求してくる、報酬を支払わない企業も一部あるようです。

 

ただ最近では、クラウドソーシングのような、しっかりとした仲介が入って仕事を依頼する企業を見極め、

本当に仕事を依頼したい企業と仕事をしたいあなたとをつなぐサービス体制が整ってあります。

 

そういったサービスを利用する事で、ひと昔前よりも安全に在宅ワークが出来るようになってきています。

本記事では、主婦が初めて在宅ワークをする上で、知っておくべき事について書いています。

 

在宅ワークをする前に知っておくべき事

CHECK

 

内職と在宅ワークの違い

内職と在宅ワーク。よく一緒くたにされている方がいらっしゃいますが、厳密には違います。

 

内職は、手作業で何かを作る物づくりです。商品の箱詰めやシール貼りなどの単純作業から、

デコアート、毛筆による宛名書き、裁縫などそれなりに技術を必要とするものがあります。

 

在宅ワークは、パソコンを使った在宅作業です。

データ入力やライティング。ネットショップの運営などがあります。

 

技術的なものだと、WEBサイトの制作やイラスト作成。プログラミングなどの仕事もあります。

 

ざっくりというと、パソコンを使うか使わないかだけの違いですが、

内職と在宅ワークで仕事の探し方が少し異なってきます。

 

 

 

在宅ワークのほとんどは業務提携

在宅ワークは、出来た成果に対する報酬支払いが通常になります。

 

そのため時給支払いなどでの在宅ワークは、一部を除いてはほとんどなく、

あなたと企業の関係は外注先。つまり業務提携になります。

 

会社の社員として働く訳ではないため、会社の社会保障などが受けられません。

出来た作業分に対する成果報酬になります。

 

メリットとしては、出社しなくてよいため自分の好きな時間に仕事ができる点ですが、

受けた仕事は確実に納期内に完了させなければいけません。

 

逆に言うと、

仕事さえしっかり納期内に終わらせられれば、1日に1~2時間程度しか働かなくてもOKという訳です。

 

 

在宅ワーカーは個人事業主

あなたは会社に雇用された社員やパート・アルバイトではありません。

 

個人事業主として働くため、確定申告や帳簿を付けたりする必要があります。

年収20万円以上の所得がある場合は、確定申告を行う必要があります。

 

また旦那様の扶養のまま働く場合は、年収103万以上の所得がある場合、

扶養から外れて、国保に加入しなければならなくなるため注意が必要です。

 

 

在宅ワークをする際に必要になるもの

パソコンとチェックリスト

・パソコン

在宅ワークをする上で、パソコンがないと選べる仕事の幅が狭まります。

 

文章作成などの仕事であれば、スマホがあれば受けられるものもありますが、

デザイン系などはパソコンの専用ソフトで作る事が前提になります。

 

パソコンのスペックは、文章作成系の場合は特に気にする必要はありませんが、

画像編集や動画作成、開発系の仕事を受ける場合は、高スペックのパソコンでないと、

仕事にならなくなる可能性が高いです。

 

 

・スマホ

持ってない人の方が少ないですが、スマホがあればできる仕事もあります。

文章入力などはスマホの方が得意という方もおられます。

 

パソコンを起動していない時でも、スマホでスキマ時間に文章を打ったりもできますので、

スマホを上手く活用することで、合間で仕事を進められます。

 

 

・Wifi(ネット環境)

自宅にネットが繋がっていれば問題ありません。

 

ただモバイルWifiなど、通信制限がかかる場合は、

速度が遅くなると仕事にならない場合があるので注意が必要です。

 

 

・仕事用のメールアドレス

 

仕事の情報やクライアントとのやりとりで使用します。

 

手持ちのメールアドレスでもいいのですが、できれば仕事用のメールアドレスを用意した方が、

プライベートのメールと分けられるので便利です。

 

仕事用として使うのであれば、おすすめは「Gmail」です。

フリーのメールアドレスなので簡単に取得できます。

 

Gmailのメールアドレスを取得することで、

カレンダーなどのGoogleが提供しているサービスを活用できます。

 

スマホにも簡単に連携できるので、おススメです。

 

 

・銀行口座

クライアントからお仕事の報酬を受け取る口座です。

報酬受け取り専用の口座を用意しておくと、帳簿をつける際に楽なので、おススメします。

 

おすすめの口座は楽天銀行です。

残高の確認がスマホで行えますし、振込手数料が比較的安く済ませられます。

 

またご自身のゆうちょ銀行と連動させておくと、

ゆうちょに現金を移動する際の振込手数料を少し安くする事ができます。

 

 

 

主婦に向いてる在宅ワークとはどんな職種?

疑問を持つ女性

 

在宅ワークといっても、色んな仕事内容があります。

 

中にはある程度のスキルや経験が無いと出来ない仕事もあるため、

ただ報酬がいいからという理由で選んでしまうと、大変な目に合う事も考えられます。

 

下記は一例ですが、在宅ワークの一般的な職種になります。

 

【スキル不要なお仕事内容】

パソコンでタイピングなどはある程度できるという前提で、

それ以外のスキルがない場合は、下記のような仕事から始めてみましょう。

 

  • データ入力
  • ライティング
  • ネットショップの運営

 

〇データ入力

決まった形式のものを、タイピングで打ち込んでいきます。

打ち込む内容は様々で、手書きのメモから数式の入力などあります。

 

〇ライティング

ライティングはデータ入力と似ていますが、文章を自分で作る作業になります。

 

WEBライティングの場合、一つのテーマに対して、

指定された言葉を織り交ぜつつ、最低何文字程度と指定されます。

 

1文字0.何円~何円という形での報酬体系になります。

 

〇ネットショップの運営

お客様からの問い合わせや、受注業務を行います。

ショップに掲載している商品の登録や更新なども行う場合もあります。

 

稀に出荷業務まで含む場合がありますが、

ご自宅で在庫スペースを確保する負担がありますので、避けた方がいいでしょう。

 

【スキルが必要なお仕事内容】

何かスキルをお持ちの場合は、報酬額の高い仕事を取る上で有利になります。

 

在宅ワークとしては、デザイン、プログラミング、サイト作成ができると、仕事を取りやすいです。

翻訳の仕事もかなり高収入になりやすいです。

 

〇イラスト作成

イラストレーターを使ったイラストの作成です。

 

クライアントが望むイラストや会社のロゴを作ったり、

熟練の方であれば、分譲マンションの外観イラストを描いたりする仕事もあります。

 

〇プログラミング

一から開発依頼をされる場合もありますが、

開発会社の手が足りない時などに、部分的に開発を請け負うケースが多いです。

 

使える言語は多いに越したことはありませんが、

不具合が起こらないよう確実性を重視することが求められます。

 

〇WEB制作

最近では、WordPress(ワードプレス)を使った制作案件が多い印象があります。

WordPressを用いたWEB構築がしっかりできると、高単価の仕事を取りやすくなります。

 

〇翻訳

ライティングと同じく、1文字いくらという報酬形態が多いですが、

1文字数円~数十円とかなり単価が高くなります。

 

特に専門用語やビジネス用語を多い翻訳は、単価が高い傾向にあります。

また翻訳言語によっても単価が変わってきます。

 

 

まとめ

在宅ワーク 子育てしながら仕事

在宅ワークは、誰でもできるものから専門的なものまで様々あります。

スキルは経験と共についていきますし、まずはやってみる事が肝要です。

 

やりながらスキルを身に着けていく事で、

在宅ワークだけで生計を立てる事も夢ではなくなります。

 

もし挑戦してみたいと思われた方は、このページの最下部にある

関連記事「主婦向けクラウドソーシング17選」の記事も参考にしてみて下さい。

 

主婦の方や初めて在宅ワークをする方向けのクラウドソーシングサイトについても、

ご紹介させていただいています。

 

 

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA